日本の伝統料理「おせち料理」の由来を知ろう!

お正月に家族や親戚とともに頂く「おせち料理」

黒豆や数の子、栗きんとんなど、縁起の良い料理が豪華に詰め合わせられたおせちを新年に家族で囲んで食べる様子は古くからある日本の伝統です。本日はそんなおせち料理についての特集です。

『歴史・由来』

おせち料理は、漢字では「御節料理(おせちりょうり)」と書きます。現代では、新しい一年を迎えることができたお祝いに食べる料理とされています。年初めに各家を訪れて、その家を1年間守ると言われている年神様にお供えをするとされています。では新年におせちを食べる習慣はいつ頃から始まったのでしょうか?

その歴史は古く、平安時代まで遡ります。当時、宮中では元旦や五節句などの節日を祝うため、神様にお供えし、食べたものを「御節供(おせちく)」と呼んでいました。おせち料理は本来、お正月だけでなく、節日を祝う際に食べられていました。それが江戸時代の後期になると、この宮中行事が一般大衆にも広まります。そして、一年の節日で正月が最も大切であることから、正月の料理を「おせち料理」と呼ぶようになり、それが現代まで受け継がれてきたのです。

『料理に込められた意味』

おせちといえば何と言ってもやはり重箱に詰められた豪華なおせち料理たちです。料理ひとつひとつにも重要な意味が込められています。ここでは多くの地域に見られる代表的な中身をご紹介します。

 

まずは「祝い肴(さかな)三種」と呼ばれる、おせち料理に必ず入っている定番具材についてです。

・黒豆…「まめ」は元来、丈夫や健康といった意味があります。真っ黒で光沢のように輝く姿は、おせち料理には欠かせない料理と言えます。黒色は道教で魔除けの色ともされてお理、魔除けの意味も込められています。

・数の子…数の子は正確に言うとニシンの卵です。漢字で書くと二親(にしん)であり、そこから多くの子が生まれるのでめでたい、子宝と子孫繁栄を祈る意味が込められています。子供にも人気な一品です。

・田作り・・・この料理はもともと、小魚を田畑に肥料として撒いたことから名付けられました。魚でありながら田畑を豊かな土壌に導いてくれる縁起の良い一品です。

 

次に、祝い肴(さかな)三種以外でも多くのおせち料理で見られる定番の中身をご紹介します。

・かまぼこ…かまぼこは紅白に飾られていることが多く、これは「日の出」を象徴する料理としての意味合いがあります。

・だて巻き…特徴的な名前を持つ料理です。くるくるとまかれた形が「巻物」に似ているため、知識が増えるようにとの願いが込められています。

・栗きんとん…この「きんとん」は感じで書くと「金団」と書きます。黄金色に輝く縁起物にたとえて、新年にふさわしい料理としておせち料理には欠かせない存在となりました。

・昆布巻き…昆布は「よろこぶ」と語呂が似ていることから、お正月に食べると縁起の良い料理とされています。

最後におせちには欠かせない一品をご紹介します。

・海老…高級なおせち料理には大きな海老が入っている印象があります。海老の姿がお年寄りに似ていることから、長寿で長生きできるようにといった意味合いが込められています。

・鯛…「めでたい」の語呂合わせとともに、福の神として知られる恵比寿様が持つ魚としてお正月にふさわしい料理です。


・なます…さっぱりとした酢の物のなますはお祝いの水引を模したものであり、おめでたい意味があります。

『重箱の意味』

おせち料理のもう一つの特徴は何といってもあの豪華な重箱です。実はこの重箱にも大切な意味があるのです。おせち料理は、「めでたさを重ねる」という意味で重箱に詰められます。各段ごとに詰める料理が異なり、「この段にはこれを詰める」というルールと、素材や料理に込める意味があります。正式には4段重ねですが、最近は3段重のものが多いです。また、中には5段重ねのものもあります。5段重ねのものは1から4段目まで料理を詰め、5段目は空にします。これは、年神様から授かった福を詰める場所として空にしておくという意味が込められています。

 

いかがでしょうか?普段、食べるおせちだからこそ、より深く知識をつけるとより美味しく食べられると思います。

ぜひ、ひとつひとつの意味を理解し、食べて見てください。

 

 

関連記事

  1. 日本で大流行!「アボカドオイル」の和風レシピ

  2. アートカフェ「EL 123」が、UmaMiで10%オフ♫

  3. あなたのお箸の使い方とマナー、本当に合っていますか?

  4. 知ってるようで知らない?和牛の豆知識

  5. メキシコのランチタイムは、日本人には遅すぎる??

  6. 暑い夏にはたぬきうどんを食べて元気になろう!