ロール寿司の発祥、知ってますか?

日本人にとって、「寿司」といえば握り寿司ですよね。

ご存知の方も多いと思いますが、海外ではカリフォルニアロールのような「ロール寿司」を寿司だと思っている人が大半です。

また、握り寿司とロール寿司のどちらが好きか、という質問に対しても、海外の方の多くはロール寿司と回答します。

日本人にとっては、少し違和感を抱きますね。日本人のほとんどがそう思ってないのに、カリフォルニアロールなどのロール寿司は明白に“日本食”として海外で認知され、受け入れられています。

なぜでしょう?

ロール寿司の発祥とは?

日本では1960年代の高度経済成長によって日本企業が力をつけ、多くの企業が海外に進出していきました。

それに伴って日本食レストランが海外に増えていきました。

しかしながら、当時の日本食レストランのお客さんの大半は日本人。

生魚を食べる習慣がなかった海外の人には、到底受け入れられるものではなかったのです。

海苔も見たことがない人がほとんどで、多くの人が毛嫌いしたそうです(!)

そこで、アメリカ、ロサンゼルスの職人によって考案されたのがカリフォルニアロールをはじめとするロール寿司(トレバー・コーソン『The Story of Sushi:An Unlikely Saga of Raw Fish and Rice』)。

当初はアボカドとカニ、マヨネーズなどシンプルな具材だったのですが、徐々に現地の人に受け入れられるようになってからは、色々な具材によって作られるようになりました。

現地の人が毛嫌いしていた海苔は、内側に入れてご飯を外側にして以降、多くの人に受け入れられました。

その後、カリフォルニアロールはただのロール寿司としてだけではなく、様々なアレンジを加えた創作料理として広がっていきます。

最近の日本のお寿司屋さんでは、カリフォルニアロールをメニューに加えるところもあり、逆輸入され日本人にも認知されています。

カリフォルニアロールの考案以降、寿司はアメリカ全土に広がり、ポピュラーな日本食として海外の方にも楽しまれるようになりました。

現在、海外の多くの日本食レストランにロール寿司が置かれています。それはやはり、ロール寿司が日本食として、また日本文化として広く認知されていると同時に、外国人の舌を満足させている証なのでしょう。

世界的に人気なロール寿司と言えば、

・タイガーロール(エビ天、まぐろ、アボカド、ウナギのたれ)
・スパイシーツナロール(チリソースなどの辛いソースとまぐろ)
・フィラデルフィアロール(スモークサーモン、フィラデルフィアクリームチーズ)

などが挙げられます。

ここ数年、海外では日本食がブーム。

そのベースにはロール寿司の普及があり、日本食ブームをロール寿司が支えていることは間違いありません。

海外に旅行した際、ロール寿司を奇妙に感じる日本人は少なくありませんが、もともとは日本の美味しい寿司をどのようにしたら海外の人に受け入れてもらえるかを試行錯誤した結果なのです。

 

それを知ると、世界的に普及しているロール寿司をより誇らしく思えてきませんか

世界的に人気のロール寿司、皆さんもぜひ様々な種類を食べてみてください!

 

関連記事

  1. 実はありがたい和菓子!?団子を食べよう

  2. 知らないとマナー違反⁉︎メキシコでのチップの渡し方

  3. 緑茶と抹茶の違い?

  4. お餅には意外な歴史が!?お餅を通して日本の歴史をより深く知ろう!!

  5. あなたは「広島風」?「関西風」?お好み焼き論争

  6. うま味って何?