実は日本生まれ??冷やし中華とは

日本では夏が近づき、徐々に気温も上がってきました。
そんな夏の季節に「冷やし中華」を食べたくなるという日本人は多いのではないでしょうか。
冷やし中華とは皆さんもご存知の通り、冷やした中華麺にトマトやキュウリ、鶏肉、卵など彩り豊かな食材を盛り合わせて、かけ汁をかけた料理です。
コンビニに冷やし中華の品揃えが増えると夏がいよいよ来たなという気分になりますよね。
実は冷やし中華、日本で生まれた日本食の1つということをご存知でしたか?

今回は、日本人独特の発想によって生まれた、冷やし中華の誕生までの歴史とその作り方を紹介します。

日本人は冷たい料理が好き?

麺料理の多くは中国から日本に伝わったと言われていますが、冷やし中華は違います。
もともと中国では温かい料理が好まれ、麺を冷やすという発想は持たれませんでした。
それに対して日本では、寿司やお弁当など冷たい料理に対して抵抗はありませんでした。
それに加えて、日本には綺麗な水をたくさん使うことができるので、温かいものを冷やすのさえ容易にできたのです。

誕生には諸説あり

 冷やし中華の誕生には諸説あります。
1つはラーメン店店主が夏に人気がでるメニューを考案したという説です。
熱いラーメンを提供していたラーメン店はどうしても夏に売り上げが下がってしまうのが悩みでした。
そこで、夏でも人気が落ちないメニューを開発できないかと試行錯誤を始めたのです。
1937年、冷たい中華麺にチャーシュー、キュウリ、茹でキャベツ、ソースには鶏ガラスープと醤油、お酢を使った料理が完成しました。
これが冷やし中華の誕生です。

他には富士山をイメージにして細切りの具材を中華麺の上に山の形に盛りつけたのが冷やし中華の起源だという説もあります。
どちらの説が正しいにせよ、冷やし中華は日本人による創作で生まれたのですね。
それぞれのラーメン店が冷たい麺料理を開発する中、冷やし中華を自宅で誰もが簡単に食べられるように、専用の中華麺が販売されると爆発的に人気になりました。
その後は日本の夏の1つの風物詩として多くの人に親しまれています。

海外でも作れる冷やし中華の作り方

暑い時期は冷やし中華を食べたくなるけど、なかなか専用の中華麺が手に入らない。
そのお悩みは、ラーメンの袋麺を代用することで解決します!

今回は袋麺を使った簡単な冷やし中華の作り方を紹介します。

材料(2人分)

・袋麺     2玉
・卵      2個
・きゅうり   1/3本
・トマト    1/2個
・豚肉     200g
★醤油     50㏄
★酢      60㏄
★水      70㏄
★砂糖     20g
★塩      少々
★味の素    少々
★ごま油    小さじ1

作り方

1.豚肉に火が通るまで茹でる。
2.袋麺から麺を取り出し、2~3分ゆでる。茹で上がったら水で洗い冷ます。
3.卵をかき混ぜて塩を少々入れたら薄く焼く。
4.茹で上がった豚肉と卵、きゅうり、トマトを全て細長く切る。
5.タレを作る。鍋に★印の材料を全部入れ、砂糖が溶けたら火を消す。
6.皿に中華麺を盛りその上に野菜、卵、豚肉を盛り付け、さらにタレをかけて出来上がり。

暑い日にぴったりの冷やし中華。
袋麺を代用して作ってみてはいかがでしょうか。

 

関連記事

  1. メキシコのスーパーで売っている食材で日本食を作ろう!

  2. ロール寿司の発祥、知ってますか?

  3. うどんの紹介

  4. メキシコで飲める美味しいハイボールをお教えします。

  5. 【麺類連載】ポソレとラーメンの共通点?①

  6. 日本人にもおなじみ!メキシコ原産の赤い着色料