知らないとマナー違反⁉︎メキシコでのチップの渡し方

初めて海外へ行く人は、日本には存在しないチップ文化に戸惑うこともあるでしょう。
メキシコにも、チップを払う習慣があります。
レストランのウェイターやスーパーの職員など、チップを生活の充てにしている人はたくさんおり、チップを払わないと大変不快な思いをさせてしまいます。メキシコでうっかりマナー違反をしないように、チップの基本ルールをしっかり覚えておきましょう。
①レストラン
まず利用機会の多いレストランでは、料金の10%が最低限度。15%が普通、20%となると「良かった」の意思表示となります。店によっては、ウェイター(メセロ)の月給の半分近くをチップを占める場合もあります。きちんと支払いましょう。
②スーパー
買い物に出かけたスーパーでも要注意。レジで会計を済ませた後、商品を袋に詰めてくれる人がいます。この人にもチップを払いましょう。だいたい2〜5ペソが相場のようです。
③駐車場
休日のお出かけで、車を運転する人は駐車場もよく利用されるでしょう。
車を誘導してくれる係員の方には、5〜10ペソのチップを払いましょう。
他にチップが必要な場所は、ホテルのポーターや観光ツアーのガイドなど。
タクシー運転手には基本的にチップは必要ありません。
不慣れな海外では文化の違いから、日本の感覚のままでいると失敗しがちです。
この記事を参考に、快適なメキシコ生活を!

関連記事

  1. 日本で大流行!「アボカドオイル」の和風レシピ

  2. 意外と知らない!?天ぷらを食べる時のマナー

  3. 世界一おいしい!?メキシコのコカ・コーラ

  4. メキシコのランチタイムは、日本人には遅すぎる??

  5. 日本人にもおなじみ!メキシコ原産の赤い着色料

  6. 日本人が大好きな「焼きそば」の奥深さに迫る