あなたは「広島風」?「関西風」?お好み焼き論争

ソースの香ばしい香りに、ふわっとした生地…熱々の鉄板の上で焼きあがる「お好み焼」、皆さんも大好きですよね。

お好み焼きは名前の通り、具材を自分たちの「お好み」で決めることができることから、各地域の特産物が使われ、

日本各地で地域独特のお好み焼きが食べられています(そう、まるでタコスです)。

特に有名で広く知られているのが、「広島風お好み焼き」と「関西風お好み焼き」。

 

日本では度々、「どちらが美味しいのか」論争が起きますね。

今回はこの2つのお好み焼きの違いをご紹介します(最後には作り方も紹介します♫)

 

「最大の違いは『焼き方』にあり」

2つの大きな違いは、「焼き方」だとされます。

関西風の一般的な焼き方は、生地と具材を混ぜてから焼く「混ぜ焼き」。

生地が厚くなり、ふっくらとした軽い食感を楽しむ事ができます。

一方で広島風は、最初に生地を薄く焼き、その上に具材をのせて焼く「重ね焼き」といった方法で作ります。

具材を生地の中に混ぜ合わせないのが特徴です。

具材を重ねて焼く広島風

具材やソースも違います

関西風は肉・キャベツなどがメインなのに対して、広島風は麺・野菜がメイン

関西風と呼ばれるお好み焼きはダシで溶いた生地に山芋を入れみじん切りキャベツ、小口切りの青ねぎ、イカ、むきえび等をふんわりと混ぜ込んで肉をのせて焼いたものが一般的です。

一方、広島風は焼きそばやうどんなどの麺をトッピング。キャベツもたっぷり使います。

また、ソースも関西風は辛口に対し、広島風は甘口。

同じ名前でいて、実は全然違う料理のようですね。

 

発祥は、どちらも庶民の味

諸説ありますが、2つのお好み焼きが広がったのはどちらも第二次世界大戦後であるとされます。

鉄板一枚で調理でき、ボリューム満点のお好み焼きは、戦後復興期の屋台、下町で庶民のお腹を満たし、愛されていました。

今では日本全国、世界中で食べる人を魅了してやまない味となっています。

結局、どっちが人気なの?

日本人のあるあるジョーク。関西人の前で「関西風お好み焼き、美味しいよね」と言うと、怒ります。

広島人の前で「広島風お好み焼き、大好き!」と言うと、やはり怒ります。

もはやお約束?のこの光景は、彼らが自分たちのお好み焼きこそが正真正銘の「お好み焼」だと思っていて、

「◯◯風」と付けられるのを嫌っているということ…

結局、みんなが好きなのはどっちなの?度々アンケート調査が実施されますが、その度に結果が変わる大混戦となっています。

日本人がお好み焼きにかける情熱がわかりますね。

作ってみよう!

だんだん、お好み焼きが食べたくなってきましたか?

今回は広島風お好み焼きの作り方をご紹介します!

広島風お好み焼きの材料(1枚分)

薄力粉 40g
水 80cc
焼きそばの麺 1玉
天かす(揚げ玉) 1つかみ
キャベツ細切り 3つかみ
かつお節粉 適量
豚肉(スライス) 3~4枚
塩、こしょう 適量
卵 1個
お好みで、お好みソース、マヨネーズ、ねぎ等

 

作り方

⑴薄力粉を水で溶き、生地を作る
⑵生地を薄く伸ばして丸く焼いてかつお節粉をまぶす。上にキャベツ、豚肉を乗せ、塩、こしょうをかける。
⑶具全体に生地をかけてツナギにする。生地がきつね色になったらひっくり返し、約5分焼く。その間に隣で焼きそばを炒める
⑷焼きそばの上に生地をそのままの向きで乗せて、生地を抑えながらさらに約5分焼く。
⑸隣で卵を生地の大きさに広げて焼く。黄身は潰しておく。生地をそのままの向きで卵の上に乗せ、ひっくり返す
⑹ソースをかけ、青のり・かつお節・マヨネーズなどをお好みでかけて完成!

 

キャベツは細切りでたっぷり入れ、生地はできるだけ薄く、麺はカリカリになるまでしっり焼くのが、フワッと、カリッとした食感にするコツです♫

ぜひご自宅で試してみてくださいね!

 

関連記事

  1. メキシコのランチタイムは、日本人には遅すぎる??

  2. うどんの紹介

  3. 日本のタコスは「変」なのか?

  4. メキシコで「卵かけご飯」を楽しむ方法

  5. 知らないとマナー違反⁉︎メキシコでのチップの渡し方

  6. 日本の伝統料理「おせち料理」の由来を知ろう!