知って得する!ラーメンの驚きの事実

皆さま、ラーメンはお好きでしょうか?

縮れ麺に濃い味のスープ一度食べたら忘れられないその味は多くの日本人に愛されています。このように、ラーメンと言えばもはや近代の日本食の中では欠かせない料理の一つとなりました。本日はそんなラーメンについての特集です!ここまでで、「ラーメンは中華料理ではないの?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。実はラーメンという料理は中華料理にはないのです。ご存知でしたでしょうか?このようにラーメンについて考えてみると意外と知らないことが多いのに気づくかもしれません。今回はそんなラーメンの発祥や歴史、そしてちょっとした豆知識を紹介していきます!

 

日本の代表的な料理“ラーメン”!実は中国にはラーメンがない!?

ラーメンと言えば中華料理という印象が強いです。しかし、実は中国には厳密にはラーメンという料理はありません。ラーメンと言いう料理は日本で発祥したのです。ラーメンの発祥については諸説あり、明確にはわかっていませんが、ラーメンが日本で広く食べられ始めるようになったのは今から約100年前、明治中期の頃です。この頃から横浜で次々と「南京そば」の屋台が開業しました。当時のラーメン屋は日本人に屋台で気軽に食べられる麺屋さんと言う印象だったそうです。そして1910年、浅草の「来来軒」が、店舗の中でラーメンを販売したのを始めに1923年には「竹家食堂」が札幌で創業、1925年には喜多方で「源来軒」が、1937年には九州で「南京千両」が続々と開店。現在では3万店を越えるラーメン店が生まれ、近代日本を代表する日本食となっています!

 

 

ラーメンがラーメンたる所以は麺にあり!

ちなみに、現在では沢山の系統のラーメン屋があり、具体的にどのような麺をラーメンと呼べば良いか分からなくなってしまうかもしれませんが、実はラーメンにはしっかりとした定義があるのです。

 

全国製麺協同組合連合会によると、ラーメンの定義には麺が関係しています。麺の原料は小麦ですが、日本のラーメンの麺には必ず鹹水(かんすい)の使用が義務付けられているのです。鹹水とはアルカリ性の塩水であり、これを小麦に混ぜて練り込むことで、あの、お馴染みの“コシ”が生まれるのです。その他にも鹹水はラーメン独特の麺の特徴を構成しており、例えば、このアルカリ性のために小麦粉の持つフラボノイド色素が反応して黄色く変色します。多くのラーメンの麺が黄色いのはこのためなのです。

 

高貴な意味を持つ器の様々な模様!

ラーメンを食べていて、器の模様に気になったことはありますか?実はラーメンの器にもしっかりとした意味があるのです。

 

「雷文」は天の意志を表現

ラーメンの器に書かれている四角い渦巻き模様、これは中国、殷の時代の青銅器に見られる「雷文」と呼ばれる模様です。この模様は稲妻を表しており、当時の中国人は雷光や雷鳴は天の意志をあらわすと考えており、恐れ拝めていたそうです。

鳳凰」「風」皇帝、皇后の証

「雷文」以外の模様にもそれぞれ意味があります。「鳳凰」は、雄鳥で皇帝の紋章、「風」は雌鳥で皇后の紋章としてもちいられました。

「龍」の紋章は皇帝の証

「龍」の紋章として描かれているのは、天帝の死者として崇められている空想上の生物です。昔は皇帝以外には使用できない紋章で、爪を4つにすることで、皇帝の紋章と区別していました。

新郎夫婦を表す「双喜文」

双喜文とは“喜”の文字を二つ並べた文様でこれは新郎新婦が並んで喜んでいる姿を文字化したもので、結婚式に使用されている模様です。

このように器の一つ一つにも意味があることがお分かりいただけたかと思います。しかし、いつ、誰がラーメンの器に高貴な模様を描き始めたのかは不明です。諸説ありますが、ラーメンを中国風の器にしたいと考え始めたのがきっかけではないかと考えられています。

 

本日はラーメンについての豆知識を紹介しました!この記事を読み、是非、味以外にもラーメンを楽しんでみてください!!

関連記事

  1. 日本のマヨネーズは世界一おいしい??

  2. 納豆は女性の味方?嫌いでも食べたい素敵な効能

  3. メキシコで飲める美味しいハイボールをお教えします。

  4. アートカフェ「EL 123」が、UmaMiで10%オフ♫

  5. 和食ブームで人気沸騰?知られざる「精進料理」の世界

  6. 暑い夏にはたぬきうどんを食べて元気になろう!