大人必見!!和菓子×お酒 で日本酒をより美味しく!

こんにちは!

皆さま、和菓子はお好きでしょうか?


和菓子と言えばあんこや干菓子など様々な種類があり、非常に多くの方に愛されています。ところで、和菓子を食べる時皆さんは一緒に何を飲みますか?多くの方がお茶や儒ジュースなどを飲まれると思います。しかし、実は和菓子には日本酒も合うことはご存知でしょうか?本日は和菓子と日本酒の組み合わせを複数紹介しています!

和菓子の大定番「あんこ」

和菓子といえば、大福や練り切り、羊羹に使われる「あんこ」が代表的です。あんこは濃厚な甘みが特徴で、辛口系のスッキリした純米酒と組み合わせるのが最適です。日本酒は他のお酒に比べてアルコール度数が高いですが、その度数の強さを「あんこ」の甘みで中和することが出来ます。それではより詳しく見ていきましょう!

羊羹

和菓子の代表的なお菓子でお馴染みの羊羹です。羊羹は、餡(あん)の甘みを水飴や寒天のかっちりとした食感で味わう和菓子で、吟醸酒のフルーティーな味わいを生かせます。逆に辛口のさっぱりした日本酒と合わせるなら、抹茶羊羹がおススメです。また、栗はお酒に合うので、栗羊羹もお勧めです。

大福

大福は柔らかく伸びるお餅とともに、餡を味わう和菓子です。お米の風味がしっかり感じられるので、同じ米の香りを合わせるなら“にごり酒”がおすすめです。対照的にさっぱりした端麗辛口との対比も相性ばっちりです!また、果物がお好きな方にはいちご大福もオススメです。この他、最近では抹茶風味や桜餡など様々な味の大福が売られており、どの味の大福も日本酒に合うのでぜひ試してみてください!

最中

最中は、もち米で焼いた皮がパリッとしていて、それと同時に餡の風味を味わう和菓子です。皮が薄いため餡の素材感がはっきりしているので、辛口の日本酒にぴったりの味です。

どら焼き

どら焼きは、小麦粉や卵の味がするカステラ生地とともに餡を味わう和菓子です。

生地が軽い食感なので、コクがある芳醇の日本酒に合います。

せんべい、かりんとうなどの干菓子も相性抜群!

和菓子には、あんこだけでなく、せんべい・かりんとうなどの「干菓子」もあります!水分量の少ないお菓子には、少しとろみのある「にごり酒」を合わせてあげましょう。煎餅の醤油や塩気と、にごり酒の「まろやかなコク」の組み合わせで、日本人の好きな「あましょっぱい」味の完成です。和スイーツによく使われる生クリームには、ヨーグルトのような酸味を感じる「にごり酒」を選びます。口の中はさっぱりしながらも、コクは重なり合うという絶妙な相性を体感できます!

 

如何でしたでしょうか?

和菓子と聞くと抹茶と頂くのが定番と思いがちですが、本日紹介したように日本酒とも十分に合うのです!今回紹介した和菓子と日本酒以外にも様々な組み合わせが出来るので、ぜひ自分だけの和菓子とお酒の組み合わせを見つけ、ちょっと大人な和菓子の食べ方を堪能してみてください!

関連記事

  1. 豚の角煮を作ってみよう!

  2. ★「日本食を美味しく撮るための4つのテクニック」★

  3. メキシコの赤い調味料 ミチェラダ(michelada)に迫る!

  4. 知ってるようで知らない?和牛の豆知識

  5. うどんの紹介

  6. メキシコ人の好物が分かる??メキシコのコンビニに潜入